記録。写真、美術、映画、そのほか。

主に発表したものの記録。そのほかみた展覧会、読んだ本など

2017年9月見た

9月7日 シュテーデル美術館 フランクフルト 9月8日 MMK1 MMK3 シェルン美術館 フランクフルト 9月9日 Neue Neue Galerie, Grimmwelt Kassel, Museum for Sepulkralkuture, Palais Bellevue ドクメンタ 9月10日 Neue Galerie, Fridericanum, Glas-pavilions, …

2017年8月見た

8月1日 サンシャワー展 森美術館 東松照明展 富士フィルムスクエア 8月5日 日本の家展 国立近代美術館 8月10日 京都市立水族館 8月12日 20050810 Roonee 247 fine arts 8月14日 ジャコメッティ展 サンシャワー展 国立新美術館 8月16日 国立近代美術館常設展 …

2017年7月読んだ

内藤正典『となりのイスラム』ミシマ社、2016年 長谷正人編『映像文化の社会学』有斐閣、2016年 写真についての章、結局痕跡性に帰結しているのが嫌だ

2017年7月見た

7月1日、2日 表象文化論学会 於前橋 7月7日 ダウントンアビー S1E2-4 7月8日 国立近代美術館常設展 わたしはダニエルブレイク 未来を花束にして 7月10日 ダウントンアビーS1E5-7 7月11日 ダウントンアビーS2E1-2 7月17日 ダイアログインザダ…

【口頭発表】ドキュメンタリー写真の色彩化—マグナム所属の写真家とカラーフィルム

表象・メディア論学会第15回大会 研究発表にて 2017年6月17日(土)於 早稲田大学戸山キャンパス 36号館2階 演劇映像実習室 「ドキュメンタリー写真の色彩化—マグナム所属の写真家とカラーフィルム」

【口頭発表】『ベイルート中心街』に写された都市の記憶について

【口頭発表】『ベイルート中心街』に写された都市の記憶について イスラーム地域研究・若手研究者の会2月例会 日時: 2月11日(土) 14時~17時30分会場: 早稲田大学戸山キャンパス33号館16階第10会議室題目:『ベイルート中心街』に写された都市の記憶につ…

表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.29 2017.3:第11回大会報告:パネル1

表象文化論学会第11回大会で行われた研究発表パネル1の報告文を書きました 表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉Vol.29 2017.3 に掲載されています。 表象文化論学会ニューズレター〈REPRE〉:第11回大会報告:パネル1

【修士論文概要】《アトラス・グループ》におけるフィクション的ドキュメンタリー ── ワリード・ラードのレバノン内戦表象について ──

修士論文概要《アトラス・グループ》におけるフィクション的ドキュメンタリー ── ワリード・ラードのレバノン内戦表象について ── レバノン出身の現代美術作家、ワリード・ラードによるシリーズ作品《アトラス・グループ》についての修士論文の概要です。 ht…

【論文】旅行写真が人々に伝えたもの ── 流通メディアから考えるフランシス・フリスによる旅行写真の受容について ──

【論文】旅行写真が人々に伝えたもの ── 流通メディアから考えるフランシス・フリスによる旅行写真の受容について ── 早稲田大学文学研究科紀要 第62号2017年3月15日発行 https://www.waseda.jp/flas/glas/assets/uploads/2017/03/2017_kugo_399-415.pdf